ICカード用のネックストラップはリール付きを買おう

スポンサーリンク

オフィス街を歩いてると、サラリーマンが首からアレ下げて歩いてるのを見かけますよね。

そう、ICカード入りのネックストラップ。

社員証がICカードになっている企業などで、ゲートやドアの開閉時に「ピッ」とかざして入退室するやつです。

前職はIC社員証だったので、会社からネックストラップが支給されたんですが、これが微妙だったんですよね。

デザインが微妙っていうのもあるんですが、リールが付いてなかったんです。

リール付きじゃないとゲート通過が辛い

リールってわかりますかね?こういうやつです。円形のケースに紐が収納されていて伸び縮みします。


画像 : amazon.co.jp
ICカードケースって、これが付いてるものとついてないものがあります。

ただのネームプレートであればリールなしでも問題ないんですが、入退室用のICカード入れとなると話は別です。

ゲートのICカード読み取り機って大抵腰の高さぐらいにあるので、リール無しのネックストラップで通過しようとすると、首をかがめたり腰を落としたりしなければいけません。


画像 : opac.dwc.doshisha.ac.jp

ゲートならまだ朝と夜とランチタイムぐらいしか通過しませんが、入退室用のカードリーダーの位置によっては、トイレや休憩の入退室の度に面倒な姿勢をすることになります。

実際、以前の職場では、ゲートで辛そうに体を折り曲げて通過してる人を結構見かけました。何でリール買わないんだろう。

というわけで、自分でネックストラップを買おうと思ってる方、リール付きのやつを買ったほうがいいです。

また、ネックストラップはおしゃれなデザインのものや、キャラクターものも多いですから、プレゼントにも喜ばれます。相手がどんな環境で利用するかもわかりませんので、プレゼントで贈る場合もリール付きのものを買うのが無難でしょう。

ではでは。

スポンサーリンク
日常
スポンサーリンク
アーカイブ
この記事を書いた人
田中

「日常に添えるちょっとしたアクセント」をテーマに発信しています。
ホームシアターの作り方。スパイスからのカレー作り。役に立たない話などなど。

フォローして新着情報をチェック
田中ともうします。
タイトルとURLをコピーしました