豪徳寺の焼き芋専門店「ふじ」に行ってきた

スポンサーリンク

妻のリクエストで豪徳寺にある焼き芋専門店「ふじ」へ行ってきました。品種によって味が全然違っていてなかなかの衝撃。さつまいもをちょっと甘く見てましたね。

場所・行き方

で、豪徳寺ってどこよ

豪徳寺は小田急小田原線の駅で、下北沢から3駅のところにあります。残念ながら各駅停車しか停まりません。また、東急世田谷線の山下駅とも乗り換えが可能です。

わかりやすいところでいうと、新宿から電車で15分ですね。


引用 : odakyu.jp

豪徳寺駅からの行き方

豪徳寺の改札を出たら、左のファミリーマートが見える方向へ歩いていきます。

5分くらい道なりに歩いていくと、右側に赤い軒先テントが見えてきます。近くまで来ると、焼き芋の甘い香りが店の外まで漂ってくるのが感じられます。

入店

写真を取り忘れましたが、5〜6人ぐらいが掛けられるベンチがあり、店内で焼き芋を食べられるようになっていました。

焼き芋の種類は7種類で、思ったよりも豊富です。

  • 安納芋 (一番人気らしい)
  • 紅はるか
  • ハロウィンスイート
  • パープルスイートロード
  • 里むすめ
  • しろほろり
  • 五郎島金時

安納芋と紅はるかは弾数が多いからかS/M/Lの3種類展開、他は1サイズのようでした。

メニュー見ても分かる通り、種類によって全然色が違います。特にパープルスイートロードの鮮やかな紫には興味を惹かれますね。

店内ではおつとめ品の生芋が1個100円で売ってました。写真見てて気付いたけど、紫色のパープルスイートロードあるじゃん・・・買っとけば良かった・・・

実食

今回は紅はるかハロウィンスイートをチョイスしました。

芋は紙袋に詰めてもらえるんですが、袋を覗くと焼き芋の香ばしい香りが漂ってきます。

紅はるか食べました

紅はるかのSサイズがこれ。Sでもおやつ感覚で食べるなら十分なサイズという印象。2人で分けても満足できました。

熱々の焼き芋を手にとって2つに割ってたところがこちら。
ホクホクという表現がまさにぴったりで、実に美味しそうな色してます。

肝心のお味は・・・

美味い。美味いです。
ちょっと前にホクホクとか書きましたけど、食べてみると凄くしっとりしてます。そして甘い。

スーパーに置いてある焼き芋器が大ヒットしてるらしいですが、その人気を押し上げた芋がこの紅はるかだと言われてます。それだけ焼き芋に適した芋ってことなんでしょう。

ハロウィンスイート食べました

次はハロウィンスイート。1サイズなのでSサイズよりちょっと大きいです。

こちらも割ってみたところ。

なにこれ凄い。かぼちゃみたいな黄金色です。同じ黄色でも紅はるかとは全然違います。

皮をめくってみたところ。紅はるかと比べてとてもねっとりしてます。

で、肝心の味は・・・

 

あっ、カボチャだこれ。

 

色もカボチャですけど、味もカボチャです。カボチャっぽいとかじゃなくてカボチャ。目を瞑って食べたら10人中9人は「カボチャです」って言いそうなぐらい。

紅はるかよりも甘そうな色ですけど、甘さは紅はるかの方が強く感じました。なんていうか、甘みとさつまいもっぽさを感じるふかしカボチャ。でした。美味しいし面白いんだけど、期待していた味とはちょっと違う。

せっかくだし安納芋も食べておくんだった・・・

せっかくなので豪徳寺まで行ってみた

焼き芋だけ食ってすぐ帰るんじゃ味気ないので、5分くらい歩いて駅名にもなっている豪徳寺に行ってみました。

参道の松並木が凄い

豪徳寺は住宅地の中にあるんですが、参道の松並木が存在感ありすぎて若干浮いてる・・・

10mはありそうな松の木が立ち並んでます。
これ、画像の左端から先にはすぐ民家があるんですよ。

招き猫の群れ

豪徳寺って強そうな名前してますが、招き猫が有名らしく、板で作られた猫が招き入れてくれます。置物じゃないんだね。

境内には無数の招き猫が・・・

ちょっと怖いです。

さいごに

結構遠出して焼き芋食べに行ってきましたが、専門店を謳うだけあって色々な種類の焼き芋が楽しめるのは魅力的でした。

ただ、ただですよ。甘さで言ったら以前食べた「かいつか」の熟成芋の方が断然上でした。やっぱり熟成がカギなんでしょうか。

今年は色々焼き芋食べ比べてみたいですね。

ではでは。

 

スポンサーリンク
グルメ
スポンサーリンク
アーカイブ
この記事を書いた人
田中

「日常に添えるちょっとしたアクセント」をテーマに発信しています。
ホームシアターの作り方。スパイスからのカレー作り。役に立たない話などなど。

フォローして新着情報をチェック
田中ともうします。
タイトルとURLをコピーしました