自作キーボードの練習キット「Meishiキット」で大失敗した話

スポンサーリンク

最近、巷で自作キーボードが流行しているらしいです。

 

元々海外では自作をする人が多かったそうですが、ここ最近は日本にもその流れが来ているそう。

 

ちょっと前までは、キーボードのガチ勢といえばHHKBRealforceキネシスあたりの高級キーボードユーザーを指しましたが、

 

今や既成品ユーザーはガチ勢の枠には入らない時代になりつつある模様。

 

妻

キーボードを買うだけでも少数派なのに、作っちゃうの?

自作キーボードとは

自作キーボードって、自作パソコンと似たような響きですよね。

 

しかし、自作キーボードと自作パソコンには違いがいろいろとあるんです。

 

自作パソコンはどちらかというとプラモデルづくりに近い作業。

 

箱、電源、CPU、マザーボード、メモリなどのパーツを買ってきて組み立てますが、使う工具はプラスドライバーくらいです。

 

ところが自作キーボードだと、基盤にダイオードやキースイッチなどの部品を自分ではんだ付けしていきます。

 

工具はニッパ、はんだごて、ピンセットなど、自作パソコンよりもいろいろなものを使います

 

妻

はんだ付けって、もう電子工作だね

 

自作キーボードは作業が大変なぶん、自由度が高いのも特徴です。

 

ただ作るだけでなく、自分好みにカスタマイズできることがとても多いんです。

 

  • キーボードの形(左右分離など)
  • キーの数
  • キースイッチの種類
  • キーキャップの種類
  • キーの配置

 

田中
田中

自由度の高さが自作キーボードの魅力!

やった場所

というわけで、私も自作キーボードに挑戦せねば! と思い、自作キーボードのメッカに行ってきました。

田中
田中

そしてめでたく爆死したわけです

 

秋葉原の遊舎工房

今回行ってきたのは、2019年1月に秋葉原-末広町あたりにある遊舎工房さんです。

 

以前から自作キーボードに関するネット通販をされていたようですが、界隈の盛り上がりに合わせてついに実店舗をオープンしたとのこと。

 

自作キーボードのパーツ販売だけでなく、はんだごてなどの器具が使える作業スペースを2時間500円〜で使えます

 

ただの作業場でなく、専門知識豊富なスタッフさん(や、上級者の常連さん)がアドバイスをしてくれるため、作業に行き詰まったときなどはとても助かります。

 

田中
田中

店員さんに質問できるのは初心者にとっては嬉しい!

遊舎工房のレンタル工作スペースの立て札 遊舎工房の工作スペースで借りたはんだごて

遊舎工房の最寄り駅

遊舎工房の最寄り駅は秋葉原な印象はありますが、JRの駅だと御徒町の方が近いです。

地下鉄なら銀座線の末広町が最寄りです。

 

作ろうとした物

自作キーボードの練習キット「Meishiキット」の失敗した写真

先に書いたように、自作キーボードは電子工作です。

 

失敗してしまうと取り返しが付かないこともあり、財布にも精神的にもダメージが大きい

 

そのため、初心者向けの練習用のキットが販売されています。

 

Meishiキットの工作前

Meishiキットと呼ばれる、4つのキーを動作させる簡易的なキットです。

 

これを組み立てることで、はんだ付けや自作キーボードの感覚をつかめるとのこと。

 

小さなキットですが、本格的な自作キーボードと基本は同じらしく、これから入る人が多いんだそうです。

値段はたしか1600円ぐらいでした。

田中
田中

本番の前に簡易的なキットで練習するんだね。

失敗談

そんな4つのキーを動作させるだけの練習キットでなぜ失敗したか、恥を忍んでお伝えします。

 

pro microの取り付けをしくじった

基盤に取り付けるpro microというマイコン(画像の赤い○)があるんですが、それの位置を間違えたままはんだ付けしてしまったんです。

 

 

手順が載ってるブログを見ながらやってたんですが、部品取り付けの形状を見落としてました。

①基盤、②ピンヘッダ、③pro micro という順で取り付けるべきところを、

①基盤、②pro micro③ピンヘッダの順でとりつけたままはんだ付けしてしまいました。

 

ダイオードやスイッチなら、はんだ付けするのは2か所なのですぐ取り除けます。

でも、pro microは24か所のはんだ付けが必要なんです。

 

24か所のはんだを取り除くのは、めちゃくちゃ骨の折れる作業でした。

 

妻

気が遠くなりそう・・・

結局1時間以上かけて全てのはんだを取りきったのですが、どこかが損傷していて動作しませんでした・・・_| ̄|○ il||li

 

スタッフさんの話だと、最初にpro microで失敗すると挫折する場合が多いんだとか。

 

失敗した自分には凄くわかります。

 

24箇所のはんだ付け直しとか、賽の河原の石積みのような気の遠くなる作業でしたから。

 

田中
田中

pro microの取り付けは慎重に!!

さいごに

今回は失敗しましたが、これで失敗はやり切った(?)という事で、次回は本番のキーボード作りに挑戦してみます。

ではでは。

なんか最近失敗談の記事ばっかり書いてる気がする。

スポンサーリンク
キーボードの話
スポンサーリンク
アーカイブ
この記事を書いた人
田中

「日常に添えるちょっとしたアクセント」をテーマに発信しています。
ホームシアターの作り方。スパイスからのカレー作り。役に立たない話などなど。

フォローして新着情報をチェック
田中ともうします。
タイトルとURLをコピーしました