【築地市場】「鳥藤」のゆず胡椒香る親子丼が絶品すぎる

スポンサーリンク

築地市場で食べるものと言えば、寿司を始めとした海鮮系を思い浮かべますよね。

だがしかし!

場内市場で美味しいのは海鮮だけじゃないのです。

そんなわけで通勤途中にある築地市場にやってきたのだ

時刻は朝9:00。
築地市場は相変わらず海外からの観光客でごった返してます。

下の画像は、場内市場で最も食べるのが困難なお寿司屋さん「寿司大」「大和寿司」に並ぶ人たちの列です。

特に「寿司大」の行列は恐ろしく、
5時の開店時に到着したとしても、2時間待ちは必至と言われています。
早い人は深夜の3時から並ぶとか・・・もはやクレイジーです

なんでも、海外の旅行者向けガイドに紹介されているお店らしく、築地に来る観光客の多くが寿司大を目当てに訪れるそうです。そりゃあ行列になりますわな。

海鮮以外のお店は普通に入れる

そんな大行列を横目に、お目当ての鳥藤さんに向かいます。

寿司大さんの通りから2本奥に行った所にあります。

空いてる・・・

そうなんです、海鮮系以外のお店は基本待ち時間0で入れます
遠くから遥々築地市場に観光に来て、海鮮以外の店を選ぶ人は確かにいませんからね。

入店・注文

さっそく入店。
店内は左右の壁沿いにカウンター席があるだけで、テーブル席はありません。

もちろんメインは親子丼。
親子丼は「しゃも親子丼」「親子丼」「親子丼 しお」「親子丼 しお二号」など、色々な種類があります。

おすすめは断然親子丼 しお」

初めて食べる方にはこれをおすすめします。
一般的な親子丼は、醤油・みりん・砂糖などで甘めに味付けされますが、「親子丼 しお」はその名の通り塩味でさっぱりした仕上がりになっています。
そして極めつけは鶏肉が柚子胡椒で味付けされている点。

こんな親子丼食べたことない!と誰もが感じるはずです。

いただきます

美味い。美味すぎる。

とろとろ食感の卵と、柚子胡椒の香ばしさ、鶏肉の旨味が合わさってご飯がさくさく進みます。
黄身と白身の色合いに三つ葉が加わって彩りもとても良いです。

写真には写ってないですが、一緒に出てくる鶏スープも絶品です。

こんな親子丼を食べられる店が近くにあるのに、
みんな気づかずに素通りしていくわけですよ、実に勿体無い。

まあお陰でこちらは並ばずに食べられるので有り難い限りですが!

おわりに

今回も大変美味しゅうございました。
鳥藤さんは待たずに食べられるので、出勤前に1杯食べて行くことも全然可能です。

都心勤務の方は、築地市場で朝ごはんを食べてエクストリーム出社。なんてこともできますよ。

ちなみに、「親子丼 しお二号」は柚子胡椒ではなく海鮮風味となっています。
再訪の際はこちらも是非試してみて下さい。

ではでは。

関連ランキング:鳥料理 | 築地市場駅築地駅東銀座駅

スポンサーリンク
グルメ
スポンサーリンク
アーカイブ
この記事を書いた人
田中

「日常に添えるちょっとしたアクセント」をテーマに発信しています。
ホームシアターの作り方。スパイスからのカレー作り。役に立たない話などなど。

フォローして新着情報をチェック
田中ともうします。
タイトルとURLをコピーしました