上質なダージリンティーはマスカットの風味がするという話

スポンサーリンク

上質なダージリンはマスカットのような風味(マスカテルフレーバー)がする、とよく言われます。

私はずっとこれに疑問を持っていたのですが、先日あるWebサイトを読んで長年のもやもやが晴れたので、記事にしてみました。

※マスカット(Muscat)は、ジャコウジカから取れるムスク(Musk)のように甘く良い香りがすることから名付けられたと言われてます。そしてマスカテルフレーバーも、マスカットではなくムスクから来た言葉であるという説があるようです。

初めてのセカンドフラッシュ

私がダージリンに興味を持ったのは、人気ドラマ相棒のシーズン4「殺人講義」という回がきっかけでした。石橋蓮司さんが紅茶好きの教授としてゲスト出演していた回です。

作中で杉下警部がダージリンを飲んで「みずみずしい甘みと深いコク、これこそマスカットフレーバー」と述べるシーンがあります。

当時紅茶と言えばリプトンイエローラベルしか飲んだことなかった私は、

紅茶でマスカット?フレーバーティでもないのに?どういうこった

と猛烈に興味を持ち、早速ネットで情報を集めました。茶葉の種類やゴールデンルール(美味しく飲むための淹れ方)、購入できるサイトや飲める店など。

そして短絡的思考全開で、最も有名(でお高い)キャッスルトン農園のセカンドフラッシュ、「マスカテル」と名の付いたロットを購入。確か50gで3000円くらいでしょうか。大学生にとってはいい値段でしたね。

凄いけどマスカットではない

そんなこんなで人生初のダージリンセカンドフラッシュを飲んだわけですが、まあ衝撃的でした。ティーポットから漂ってくる香りを嗅いだ時、森の中にいるような木の香りを感じたのを今でも覚えてます。

口に含んでみると、舌に残る嫌な渋みはなく、心地よい渋みと仄かな甘さを備えた濃厚な味わいが長く余韻として残ります。今まで飲んでた紅茶は何だったんだ?と本気で思いましたね。

でも・・・期待していたようなマスカットらしさは感じられず、

めちゃくちゃ美味いんだけど、マスカットではなくね?

というのが正直な感想でした。

果皮の風味だった?

そして時は流れてつい先日。

たまたま見かけた紅茶専門店 TEAPONDさんのWebサイトにあるこの一文がぶっ刺さりました。

「マスカットのような香り」と表現されることが多いマスカテルフーレバー。実際は、マスカットよりも、巨峰のような赤い葡萄の皮の部分を口に含んで、何度か噛んだような甘く渋い香りを想像されたほうが近いかもしれません。

あ、それだそれ!

確かに葡萄の皮を口に含んで咀嚼した時の甘さと渋さによく似ています。
こんなしっくりくる喩えがあったとは・・・

おわりに

ダージリンセカンドフラッシュの香りについて、興味持っていただけたでしょうか。

もしダージリンに興味が湧きましたら、通販等でも買えますので、是非セカンドフラッシュの味と香りを堪能してみてください。スーパーなどの市販品に比べるとかなり高額ではありますが、質の違いを感じて頂けると思います。

ではでは。

スポンサーリンク
フレグランス
スポンサーリンク
アーカイブ
この記事を書いた人
田中

「日常に添えるちょっとしたアクセント」をテーマに発信しています。
ホームシアターの作り方。スパイスからのカレー作り。役に立たない話などなど。

フォローして新着情報をチェック
田中ともうします。
タイトルとURLをコピーしました