下船病を発症した時の話

スポンサーリンク

「下船病」という病名、聞き慣れない方が多いと思います。

この病気は症例が少なく、今まではあまり知られていませんでした。

 

日本テレビ系の「ザ!世界仰天ニュース」で取り上げられてから認知度が高まったようです。

 

私は以前、専門医の診察を受けた際に下船病と診断されました

幸いなことに、今は症状は出てません。

 

今回は、私が下船病が発症した時の事を振り返って書いてみます。

下船病とは

船から降りた後や長い地震のあと、地面が揺れているような錯覚を経験したことがある方、

結構いるのではないでしょうか。

 

通常、この揺れは数時間で収まります。

しかし、下船後の揺れが数週間、場合によっては数年以上続くケースがあります。

これを下船病と呼ぶそうです。

 

揺れている感覚がするだけならまだマシな方。

症状が悪化すると、実際に身体が揺れてしまうそうです。

しかも周りの人に分かるぐらいに揺れるとか。

 

病気に関して素人があれこれ書くのは避けたいので、詳細は専門家のページ等でご確認下さい。

いつ発症したか

私が下船病を発症したのは、小笠原諸島の父島へ旅行した時でした。

 

父島は東京から南に約1000km離れた東京都の離島で、なんと飛行機で行けません

最も一般的な行き方は、おがさわら丸というフェリーで片道25時間かける方法です。

 

つまり往復で合計約50時間の船旅、なかなか普段の生活では体験しない長時間のクルーズですよね。

 

妻

長すぎて飽きそう・・・

 

異変を感じたのは、旅を終えて帰宅した翌日のことです。

立ち止まったときに、床が奥に向かって傾いている感覚がするのです。

 

田中
田中

前に向かって倒れ込みそうな感覚がした

 

でも不思議と、座っている時は違和感はないんですよね。

 

2日くらいで元に戻るだろうと思っていたのですが、2週間経っても戻る気配がありませんでした。

 

田中
田中

さすがにこれは何かがおかしい。

横浜に専門の病院を発見

不安になってインターネットで情報を調べたところ、

めまいやメニエール病を専門にしてる横浜の病院がヒットしました。

 

その病院のサイトの中で、下船病のページを見つけるわけです。

田中
田中

あ、ひょっとしてこれじゃないの?

 

その病院「めまいメニエール病センター」に行ってみることにしました。

 

公式サイトを載せておきます。横浜駅から徒歩で行けます。

田中、下船病と診断される

病院で症状を伝えると、何やら謎の体重計マットみたいな機械の上に立たされました。

身体の揺れ・重心の動きを読み取る機械だそうです。

 

数分後、機械の出力結果とともに診断結果が告げられました。

 

先生
先生

軽度ですが下船病ですね。
珍しい病気です。あなたで◯人目ですよ!

 

田中
田中

全然うれしくない・・・

先生の話では、下船病という名前ではあるものの、原因は船に限らないそうです。

継続的に揺れるもの、エレベーター遊園地の乗り物地震で発症する人もいるとか。

 

東日本大震災では多くの方が発症したと聞きました。

 

田中
田中

病院の症例リストに載せられたよ

治療はどうしたのか

先生
先生

これぐらいの揺れなら、
1ヶ月以内に収まるでしょう

 

私の場合、重心の揺れが軽度だったそうで、様子見を提案されました。

 

そもそも原因がはっきりと解明されておらず、当然治療法も確立されていない

効く保証のある薬も無いそうです。
※当時はそう言われましたが、今は違うかもしれません。

 

というわけで様子見してたら、1ヶ月弱で症状が収まりました

 

田中
田中

専門家の言うことを信じてよかった!

最も気をつけるべき事

とりあえず症状は収まったわけですが、油断はできません

 

先生に繰り返し言われた事があります。

 

先生
先生

二度と船に乗らないようにしてください。

再発して取り返しのつかないことになる可能性があります。

 

なんと衝撃の乗船ドクターストップ

 

下船病は再発するらしいです。

 

しかも恐ろしいのは、再発すると1回目よりも悪化するとの事。

 

妻

アナフィラキシーショックみたい

船に乗れない、ってそこまでする必要あるの?

 

って思いますよね。私も思いました。

でも、悪化した場合の話を聞いて考えが変わりました。

 

 

数年経っても身体の揺れが収まらない人

 

身体が揺れ続けてデスクワークができず、仕事に就けない人

 

悪化した中にはそういった方もいるそうです。

 

そんなわけで私はほとんど船に乗りません

どうしても必要な場合は乗りますが、それでも短時間です。

 

このまま一生クルーズを楽しめないと思うと寂しさはあります・・・

 

田中
田中

船に乗るのはダメ!再発して悪化するらしい

船酔いとは全然別物

妻

ところで、下船病って船酔いとは違うの?

下船病の症状について人に話すと、船酔いと混同される事がしばしばあります。

 

ですがこれらは全然別物だと思ってます。※注 あくまで体験者の感想です

 

船酔いは、身体が揺れに順応できずに起きる現象で、

私の場合、激しく揺れる釣り船高速船に乗っている時に起きる事が多いです。

 

それに対して下船病は、身体が揺れに順応して起きるもの。

 

身体が揺れを記憶していて、揺れがなくなってギャップが生じているという印象です。

その為、船に乗っている時は至って平常で、異常が起きるのは降りてからです。

下船病という名前もここから来ています。

 

実際わたしも、おがさわら丸に乗っている時は船酔いは一切なく、

降りてから揺れを感じるようになりました。

 

田中
田中

船酔いと下船病は別物です。

おわりに

なにぶん数年前の事なので忘れかけているところもありますが、下船病についての体験をまとめてみました。

 

長い船旅などをする予定のある方は、頭の片隅にでも置いておいてください。

 

発症する方は決して多くはないそうですが、

もし1日2日経っても揺れている感覚が抜けない場合は、医師の診断を受ける事をおすすめします。

 

それではまた。

スポンサーリンク
日常
スポンサーリンク
アーカイブ
この記事を書いた人
田中

「日常に添えるちょっとしたアクセント」をテーマに発信しています。
ホームシアターの作り方。スパイスからのカレー作り。役に立たない話などなど。

フォローして新着情報をチェック
田中ともうします。
タイトルとURLをコピーしました