勤怠連絡をメールやLINEで済ませることは問題なのか

スポンサーリンク

仕事の欠勤連絡ってどうやってますかね?

結構古いものですが、最近こんなアンケート結果を目にしたので思う所を書いてみます。

■日本全国サラリーマン実態調査「メールやLINEでの欠勤連絡、アリですか?」
http://www.tfm.co.jp/abe/answer/surveydata_s10.php?id=482

最初に言っておくと私はアリ派です。時と場合にもよりますが・・・
ちなみに職場の欠勤連絡はLINEやSMS、Emailなど、相手に応じて色々使いますが、電話はまず使いません。

ナシ派が84.2%

先述のアンケートの結果は、アリ 15.8% ナシ 84.2%だそうです。

約2年前のアンケートなので、現在はもっとアリ派が増えているとは思いますが
8割以上がナシと回答しているのには正直驚きました。

LINEに限定した話じゃなく、メールもですよ?

私がアリだと考える理由

私がメール・LINEアリ派なのはこんな理由です。

電話よりメールの方が合理的

こんな見出しを書いておいてアレですが、
休んだ事による代替要員の手配や引き継ぎなど、欠勤する旨の連絡以外のやり取りが必要である場合は、電話を使う必要もあります。そのような場合は私も電話を使います。

ですが、「高熱が出ているので休みます」「急用が入ってしまって午後出勤にさせて下さい」
これを伝えるだけならメールで十分じゃないですか?

欠勤連絡は大抵早朝に発生しますが、その時間帯は多くの人が通勤電車の中でしょう。場合によっては仕事してるかもしれません。
わざわざ欠勤連絡を受ける為に電話を取る方も大変ですよ。

かける側だって、病院にいるかもしれないし電車に乗っているかもしれません。
メールやLINE等であれば、お互いが通話可能にならずとも時間差で連絡を取り合えます。
忙しい朝の時間帯はこちらで連絡を取るほうが遥かに合理的です。

連絡した証跡が残る

休むということは重要な連絡なので、電話などで報告するべきだと思います。

と主張する方がいますが、逆じゃないですかね。

重要な連絡こそ、証跡が残るメールで行うべきでしょう

電話は通話履歴しか残らず、話した内容は残りません。
暴論ですが、電話の場合は仮に悪意のある(もしくは物忘れの激しい)上司がいたら「いや、そんなことは話してない」で無断欠勤にされてしまいます。

メールであれば、後から「あの日は欠勤連絡したんだっけ?」などと言われても対応できます。

ナシだと考える理由が知りたい

ここで、アンケートに回答されているナシ派の方々のコメントを見てみましょう。

メールやLINEができる環境であれば電話もできるはず。(男性39歳)

基本は電話じゃないでしょうか・・・(男性25歳)

それ、職場の同僚に失礼でしょう!! 少しでも悪いと言う思いがあるならば、いくら恐くても勇気を出して事情をちゃんと説明するのが社会人だろうが(怒)!?(男性50歳)

なしです。当たり前だと思います。社会の常識です。欠勤は仕方ありませんが、自分の言葉で伝えることがとても大切です。(男性38歳)

電話するのが社会人としてのマナーだと思います。(女性26歳)

常識だから。
マナーだから。
勇気を出して説明するのが社会人。

だそうです。案外体育会系の方が多いんですね。
礼儀を重んじるのは良いことですが、普段から適切にコミュニケーションを取っていれば、欠勤連絡がメールだろうが何だろうが問題ないのでは・・・?

ですが、納得の行く理由もいくつかありました。

流石に、これは無しでしょう、非常識すぎます。口頭連絡が基本ですし、なにより本人確認が出来ない

なるほど、なりすましの懸念は確かにありますね。
「実は拉致監禁されていた」なんて刑事ドラマみたいな事もないとは言い切れません。
嫌がらせで他人の欠席連絡をする人だっているかもしれませんしね。

一度メールで済ませたら、読まれていなくて無断欠勤扱いになりました。

普段から業務でメールを使わない職場だと、こういうことも往々にしてありそうです。
上司がメールを読まない人なら(それはそれで社会人としてどうかと思いますが)、電話にしたほうが良いかもしれませんね。

おわりに

賛否両論ある問題ですが、
いずれは時代の流れで電話派は減っていくのではないでしょうか。

自分が部下を持つ事があれば、
電話以外での勤怠連絡を推奨していきたいもんですね。

ではでは。

スポンサーリンク
日常
スポンサーリンク
アーカイブ
この記事を書いた人
田中

「日常に添えるちょっとしたアクセント」をテーマに発信しています。
ホームシアターの作り方。スパイスからのカレー作り。役に立たない話などなど。

フォローして新着情報をチェック
田中ともうします。
タイトルとURLをコピーしました