人形町・水天宮前の住みやすさを元住人が紹介

スポンサーリンク

人形町いいですよ。

中央区なので家賃は決して安くはありませんが、利便性や治安を考えると住むにはとても良い町なんです。

ファミリー向けというよりは、仕事が忙しい一人暮らしの方におすすめしたい町ですね。実際私も一人暮らしで2年弱の間人形町に住んでましたが、不満はほとんど無かったです。

というわけで今日は人形町を推します。

地域概要

人形町はどこにあるのか

そもそも人形町がどこにあるのか、あまり知らない方も多いと思います。

住んでいる場所を聞かれて答えると、

「人形町?ああ、浅草らへんだよね」

と言われた事は何度もあり、人形町の認知度の低さを実感しています。

 

人形町は東京の東側に位置しており、中央区の端にあります。山手線で言うと東京駅と神田駅が最も近い駅です。(と言っても徒歩30分弱ありますが)

なお、川を渡ったところには江東区・墨田区が隣接しています。

家賃相場

中央区なので家賃相場はかなり高めです。

1Kだと85000円〜120000円、1LDKだと15万円以上になります。

築年数にこだわらなければもう少し安い物件もありますが、概ねこれぐらいの価格帯です。

良いところ

地下鉄の路線が充実し過ぎ

人形町エリアの最大のメリットが鉄道路線の充実ぶりです。

徒歩10分圏内に都営浅草線、日比谷線、半蔵門線、都営新宿線、東西線の5路線3駅が密集しています。

この5路線を使えば、東京都内のほとんどの主要駅に乗り換え1回以内でアクセスすることができます。

渋谷:半蔵門線で21分
新宿:都営新宿線で17分(新線新宿駅)
池袋:半蔵門線-丸ノ内線で約23分
東京:半蔵門線-丸ノ内線で約9分
上野:日比谷線で7分
品川:都営浅草線で16分
六本木:日比谷線で19分
羽田空港:都営浅草線(京浜急行直通)で40分

また、東京駅から徒歩25分ほどの為、終電がなくなってしまった時にも帰りやすいというメリットがあります。

空港バスのターミナル TCAT


画像: itot.jp

水天宮前には、羽田空港・成田空港への直通バスの発着場「東京シティエアターミナル(TCAT)」があります。

空港行きの普通電車では運べないような大荷物でも、リムジンバスであれば楽に運べる為、空港利用が多い人にはありがたい施設ですね。

また、TCATは首都高の箱崎ジャンクションに直結しているので、車での遠出にも便利です。

治安良好・清潔感あり

人形町周辺のエリアは、警視庁が毎年公表している「区市町村の町丁別、罪種別及び手口別認知件数」で各丁目の犯罪発生件数が4件以下となっており、治安は良い町です。

実際私が住んでいた期間、パトカーのサイレンが鳴り響くようなことはほとんどありませんでした。

また、一度訪れるとわかりますが、住宅地がとても綺麗で清潔感があります。

下町情緒溢れる町並み

駅名にもなっている東京水天宮をはじめ、下町情緒溢れる町並みがそこかしこに残っています。


改築されて若干情緒が無くなった東京水天宮。

 

甘酒横丁にある天然たい焼きの店「柳屋 」にはいつも行列ができています。

 


同じく甘酒横丁のお茶屋さん森乃園からは、毎日香ばしいほうじ茶の香りが漂っています。

コンビニやスーパーもたくさんある

人形町・水天宮前エリアにはコンビニやスーパーがたくさんあるので、買い物の場所には困りません。

コンビニならセブンイレブンが6店舗、ファミリーマートが7店舗。

スーパーはイオン系列のまいばすけっとが3店舗、24時間営業のピーコックストアもあります。

生活に嬉しいドラッグストアや100円ショップも備えており、死角と言えばレンタルビデオショップが無いぐらい・・・

美味しいお店もたくさん

人形町には飲食店がたくさんあります。
特に人形町1丁目, 2丁目には、イタリアンや居酒屋、焼肉、お好み焼きなどなど、数多くの飲食店がひしめいています。

私も人形町に行くまでは「落ち着いた下町で飲食店も少なめ」というイメージでしたが、行ってみたら全く違いました。

 

親子丼の元祖と言われ、ランチタイムは1時間以上の行列が当たり前の「玉ひで」

すき焼き・しゃぶしゃぶの老舗「人形町 今半」

画像: www.imahan.com

銅板で焼く珍しいパンケーキが食べられる「カフェ・オーレ」

五反田・新橋でも人気の立ち食いうどん「おにやんま」
23時まで営業しているので、仕事帰りに重宝します。

隅田川テラスもすぐ近く

水天宮前から5分くらい歩くと、隅田川テラスの入り口があります。

都会のど真ん中とは思えない清々しい風が吹いていて、朝ジョギングすると気持ちいいんですよほんと。

土日の朝になると沢山の人が川沿いを散歩したり走ったりしています。

 

夜になると、橋のライトアップをはじめとした湾岸エリアの夜景を楽しむこともできます。

区立のスポーツセンターが近い


画像: www.chuo-sports.jp

浜町公園の中に、中央区立の総合スポーツセンターという施設があり、
こちらでは1回400円でトレーニングルームが利用できます。

トレーニングルームだけでなく、卓球場、ゴルフ練習場、アーチェリー、弓道場、温水プールなど、豊富な施設がある為、休日に運動したい時に便利です。

住所が「東京都中央区日本橋○○町」になる

これは完全に見栄の話ですが、人形町エリアは住所表記が「日本橋○○町」となっています。

中央区ができる前に日本橋区だった地域に、「日本橋」の名が冠されているそうです。

デベロッパーのマンション販売ポエムにも「日本橋アドレス」なんて書かれてたりするくらい、地味にブランド力があるエリアなんです。

例)

  • 日本橋人形町
  • 日本橋蛎殻町
  • 日本橋箱崎町
  • 日本橋浜町

申し込み用紙などに住所を書く時に、ちょっぴり優越感を覚えることができます。


画像: ja.wikipedia.org

悪いところ

スーパーが小さい

人形町エリアのまいばすけっとなどのスーパーは、総じて小規模なお店が多いです。

どれくらい小規模かというと、ちょっと大きめなコンビニエンスストアぐらいの広さしかありません。地価が高いから仕方ないですね。

そのため、品揃えもかなり限定的。

買いたいものが売ってない事もしばしばあります。

ただ、ピーコックストアだけは比較的大きいので、浜町近辺に住んでいれば不自由はしないと思います。

肉が高い

スーパーに売ってる肉が高い。とにかく高い。

相場が高いというよりは、ブランド鶏や国産品で占められているのが要因でしょう。

さいごに

人形町・水天宮前の魅力を紹介してみました。

家賃・物価は高めですが、それに見合う利便性の高さ、治安の良さが人形町の魅力です。

中央区に持ち家となるとハードルは高いですが、賃貸であれば比較的現実的な価格帯となっています。

都心の一人暮らしを検討している方は、人形町も候補に加えてみてはいかがでしょうか。

ではでは。

スポンサーリンク
ライフスタイル
スポンサーリンク
アーカイブ
この記事を書いた人
田中

「日常に添えるちょっとしたアクセント」をテーマに発信しています。
ホームシアターの作り方。スパイスからのカレー作り。役に立たない話などなど。

フォローして新着情報をチェック
田中ともうします。
タイトルとURLをコピーしました