スパイスからキーマカレーを作ってみた

スポンサーリンク

妻から『そろそろチキンカレーじゃなくてキーマカレーが食べたい』というリクエストがあったので、今週はキーマカレーを作ってみました。

もちろん既成品のルーやカレー粉は使わずにスパイスから。

材料

今回の材料(2〜3人分)はこちら。

  • 豚ひき肉 260g
  • 玉ねぎ 1個
  • トマト 中2個
  • 人参 1/3本
  • サラダ油 大さじ2
  • ヨーグルト 大さじ2
  • はちみつ 小さじ1
  • 塩 小さじ1
  • 黒胡椒 そこそこ
  • 水 200cc
  • チューブしょうが 小さじ1
  • チューブにんにく 小さじ1
  • クミンシード 小さじ1/2
  • コリアンダー(パウダー) 大さじ1
  • ガラムマサラ 小さじ2
  • ターメリック 小さじ1/2
  • カルダモン(パウダー) 小さじ1/2
  • カイエンペッパー 小さじ1/2
  • パセリ ちょっと

なお、今回はこちらのレシピを参考(ほぼ丸パクリ)にさせていただきました。とても美味しく作れたので感謝の意を述べたい。

作り方

下準備

野菜の下準備。玉ねぎをみじん切り、トマトをざく切りにしておきます。人参はみじん切りにした後、レンジで1分ほど加熱して柔らかくしときます。

① ホールスパイスを加熱

鍋にサラダ油を入れ、中火でクミンシードを加熱します。クミンシードを使うのは今回初ですが、パウダーよりも癖が無くて良さそうです。

スパイスの香りが立ってきたら次の工程へ。

② いつもの飴色玉ねぎ作り


(ピンぼけしてる・・・)

玉ねぎしょうがにんにくを入れてあめ色玉ねぎを作ります。
中火で焦げないように気をつけて10分くらい炒め続けます。

③ 肉を投入して炒める

玉ねぎがあめ色っぽくなったら、豚ひき肉人参黒胡椒を加えて炒めます。目安としては豚ひき肉のピンク色が消えるぐらいまで。

④ トマトを投入

続いてざく切りのトマトを投入して数分炒めます。トマトがしんなりするぐらいが目安。

⑤ 煮込む

ヨーグルトはちみつ、残りのパウダースパイス水200ccを入れて15分ほど煮込みます。目安は水分が残り少なくなり、ひき肉が水面から見えるようになるまで。

※トマトの水分が多いので、水は150ccぐらいでも良かったかもしれません。煮込み時間が長かった…

お皿に盛り付ける際、彩りにパセリを振りかけて完成!

実食

あれ、なんか見た目凄く良くないです?めちゃくちゃ美味しそうですよこれ。
アレンジでみじん切り人参を入れたのが功を奏してますね。

ちょっと水っぽいですが、参考元レシピの豊田さん曰く、本場インドのキーマカレーは水気の多い薬膳カレーだそうなので、これが正解なんだと思います。

 

では、いただきます!

あ、美味い。

クミンパウダーがいないからか、癖が少ない。カルダモンとコリアンダーでしょうか、爽やかな香りが漂ってくるカレーになってます。

ひき肉が豚肉なのも正解だったかも。人参との相性もとても良いです。

個人的に今まで作ったカレーで一番美味しい。

反省会

クミンシードは良い

今までクミンはパウダーで入れてましたが、今回初めてホールスパイスとして使いました。

クミンシードはパウダーよりも癖が無くて良いですね。それにホールスパイスにしては小さいので、食べる時に事故が起きなくて済みます。(カルダモンとかクローブ食べちゃうと(´;ω;`)ウッ…となるし)

これから登場頻度が増えそうです。

水はもう少し少なめにしとくんだった

トマトを多めに使ったので、水分が予想より多くなりました。水の分量を200ccにしたんですが、もうちょっと少なくても良かったと思います。150cc、もしくは100ccでも良かったかも。

さいごに

今週のカレーは非常に満足度の高い仕上がりになりました。次は何を作るか悩ますね。

スパイスの在庫はまだまだあるので、今後もカレー作り継続していく所存です。

それではまた。

スポンサーリンク
料理
スポンサーリンク
アーカイブ
この記事を書いた人
田中

「日常に添えるちょっとしたアクセント」をテーマに発信しています。
ホームシアターの作り方。スパイスからのカレー作り。役に立たない話などなど。

フォローして新着情報をチェック
田中ともうします。
タイトルとURLをコピーしました