通販で組み立て自転車を買ってみた

スポンサーリンク

最近、近場への移動手段に悩んでいたので、思い切って自転車を購入してみました。

試乗もせずにAmazonでポチってしまうという乱暴な買い方をしてしまったわけですが、
案外いい買い物だったので今日はその自転車について書いてみます。

Amazonや楽天のレビューを見ると、組み立てが難しいという意見が散見された為、組み立ての流れを画像つきで紹介します。

ちなみに、組み立ては全て1人で行いました。全然難しくなかったです

買ったやつ

まずは買った自転車の紹介ですね。
購入にあたっていくつか検討したのですが、最終的に決めたのはこの子。

マイパラスのM-709です。
安めの変速機付きミニベロを探していて、ネット上のまとめサイトをいくつか漁っていたらマイパラスにたどり着きました。
とにかく安い。私が買った時は送料込みで18000円以下でした。
そして6段変速機、カゴ・ライト・ワイヤーロック全て付いてます。お得!(こいつら買い揃えるのが面倒だったので凄く嬉しい!
あと、最終的な決め手はデザインですね。値段の割にしっかりお洒落だったので気に入りました。

到着

Amazonに注文してから3日ほどで届きました。

これ、箱から出してすぐの状態です。

自分で組み立てるのを覚悟してましたが、
既にほとんど組み立てられてます。

「90%以上組み立て済」と説明書には書かれてましたが、ほぼ100%に近いです。

必要な工具類もちゃんと付属してます。

組み立て

では、悪名高い組み立て工程に入っていきます。
組み立ての手順は取扱説明書にわかりやすく記載されているので、ほとんど迷うことはありません。

ハンドルの取付

ハンドルを取付けます。
ハンドルをフレームの穴に差し込み、付属の六角レンチで締めてあげるだけです。簡単です。

ただ一点、前輪の向きとハンドルの向きが一致するように気をつける必要があります。

 

サドルの調整

次はサドルです。
配送時には、サドルは最も低い状態になっていると思いますので、自分の身長に合わせて調整します。

跨った際に自分のかかとが少し浮くぐらいの高さに合わせたら、下記画像の◯印のレバーを倒して固定します。

固定が弱い場合(体重をかけると高さが変わってしまうなど)は、レバーの反対側にあるナットを、付属のレンチで締めます。

ペダルの取付

次はペダル。
左右でペダルが異なるので、付属シールをよく確認します。

ペダルを取付け、付け根部分のナットを付属のレンチでしっかりと締めます。

カゴの取付

一番面倒だった(と言っても大したことはありませんが)カゴの取付けです。

まずは本体にカゴを乗せます。

次に付属のネジ・ワッシャ・ナットで、4ヶ所を固定します。

ここだけは両手に工具を持って作業する必要がありました。
片手でレンチを持ち、ナットを固定。もう片方の手でドライバーを使ってネジを止めます。

ワイヤーロック・ライト取付

最後に付属品のワイヤーロックとライトを取付けます。

サドル下の赤いボタンを押し込み、ワイヤーロックをスライドさせて留めます。

最後、ライトの固定具をハンドルに取付けます。
ネジ等はなく、手で固定できるようになってます。

固定具にライトをスライドさせてはめ込めば完了です。
単3電池は付属してませんので、ご自分で購入するのをお忘れなく。。。

完成!

できました。組み立ての所要時間は約1時間でした。

安くてもちゃんとシマノの変速機付いてるのは嬉しいですね。

おわりに

初めて通販で自転車を買ってみましたが、思った以上に手軽でしたね。
変速機付きのお洒落な自転車がほぼ組み立て終わった状態で2万円以内で買えるなんて、良い世の中になったもんですわ・・・

ちなみに2〜3kmほど走ってみたところ、町中を普通に走るだけであれば充分すぎる性能だと感じました。

マイパラスの自転車を購入しようと思っている方の参考になれば幸いです。

ではでは。

スポンサーリンク
ライフスタイル
スポンサーリンク
アーカイブ
この記事を書いた人
田中

「日常に添えるちょっとしたアクセント」をテーマに発信しています。
ホームシアターの作り方。スパイスからのカレー作り。役に立たない話などなど。

フォローして新着情報をチェック
田中ともうします。
タイトルとURLをコピーしました