ふるさと納税した後に引越したら自治体に通知が必要だった

スポンサーリンク

ふるさと納税、独身サラリーマンにとっては数少ない税制優遇される機会ですよね。
実質2000円負担で様々な返礼品が頂けるのは非常に有り難い制度です。
もちろん私も3年前から枠フル活用でふるさと納税やってます。

で、毎年6月になると「今年はどれだけ住民税安くなったかな」とわくわくしながら住民税の変更通知書を眺めるわけですが、今年はちょっと問題がありました。

住民税が控除されてない

先日、会社に住民税の変更通知が届きました。
昨年の寄付額は6万円だったので、控除額に胸を膨らませて中を確認してみると・・・

あ・・・れ・・・?

(つд⊂)ゴシゴシ

>1500円 + 1000円

基礎控除分しか引かれてない!!!

これじゃあ毎月めちゃくちゃ住民税納めなきゃいけないじゃん!!!

問題は引越しだった

何が起きたのか全くわかりませんでしたが、とりあえずグーグル先生に質問です。

「ふるさと納税 引越し」で検索すると出るわ出るわ・・・

どうやらふるさと納税の失敗あるある事例のひとつのようです。

ふるさと納税後、翌年1月1日よりも前に引越しをした場合は、寄付先の自治体に通知する必要があるそうです。私は昨年10月に引越しているので、寄付先への通知が必要でした。

特に、ワンストップ特例制度を利用している場合は「寄附金税額控除に係る申告特例申請事項変更届出書」を提出しなくてはいけません。

しかも提出先は寄付先全ての自治体

しかも期限は翌年1月10日

めんどくさい・・・なんなのよそれ

ま、私の場合は気付いたのが6月なので手遅れすぎてて絶望しかありませんがね。

さいごに

いやー、盛大にやらかしました。
返礼品の価値を考えると、3万円分くらいは普通に寄付してる事になります。

ふるさと納税をされてる方、引越しをする際は自治体への変更届をお忘れなく!!!

スポンサーリンク
ライフスタイル
スポンサーリンク
アーカイブ
この記事を書いた人
田中

「日常に添えるちょっとしたアクセント」をテーマに発信しています。
ホームシアターの作り方。スパイスからのカレー作り。役に立たない話などなど。

フォローして新着情報をチェック
田中ともうします。
タイトルとURLをコピーしました