【2900円】高速で月40GB使える格安SIM >>

プロジェクターの寿命は何年くらい?

スポンサーリンク

プロジェクターの低価格化が進み、自宅でホームシアターを楽しむのも一般的になってきました。

そんな中、初めてプロジェクターを使う人が気になるポイントとして『ランプの寿命』があるようです。

 

そこで今回は、プロジェクターの寿命について説明します。

 

何年くらい使えるの?』

『ランプ交換にはいくら掛かる?』

LEDランプは長寿命ってほんと?』

故障ってしないの?』

田中
田中

こんな疑問にお答えします

ランプに寿命がある

プロジェクターの寿命 ≒ ランプの寿命と考えていただいて大丈夫です。

故障を除くと、プロジェクターのなかで寿命が訪れる可能性があるのはほぼランプのみです。

 

とは言うものの、テレビに比べると精密な機器ですから、大切に扱うことは重要です。

ランプの種類で寿命が違う

プロジェクターのランプには何種類かあり、種類によって寿命が異なります。

 

水銀は3000〜4000時間

最も寿命が短いのは水銀ランプと呼ばれる種類。
スペック表だとUHEと記載されていたりします。

基本的に寿命を気にする必要があるのは、この水銀ランプを使用した機種のみです。

 

 

寿命は機種によって異なりますが、概ね3000〜4000時間といったところです。

水銀ランプは現在、高級機種を含め多くのプロジェクターに採用されています。

 

水銀ランプのメリットとして、安価高輝度であることが挙げられます。

価格を抑えつつも高輝度化が実現できるので、現実的な選択肢として採用され続けています。

 

水銀ランプのデメリットは、消費電力や発熱量が多いことでしょう。

そのため、バッテリー消費量が重要なモバイルプロジェクターには避けられる事が多いです。

 

田中
田中

水銀ランプは最も寿命が短い

 

LEDやレーザーは20000時間以上

水銀ランプの他にLED光源レーザー光源といった機種があります。

ここ数年で採用機種が一気に増えてきました。

 

LED光源やレーザー光源の場合、20000時間以上の寿命となっているため、現実的に考えて寿命を気にする必要がありません

 

消費電力が少ないことも特徴で、モバイルプロジェクターには多く採用されています。

 

350ml缶のサイズで大ヒットしている『Nebula Capsule II』も、LED光源により約30000時間の寿命を実現しています。

 

一方でまだ発展中の技術であるため、水銀ランプに比べて価格は高めの傾向があります。

 

田中
田中

LEDやレーザーは寿命めちゃ長い

 

 

 

水銀ランプでも5年以上使える

ここまでの情報だと、

『長寿命ならLEDかレーザーにしよう』

と思われるかもしれません。

 

ですが、使い方によっては水銀ランプのプロジェクターでも大きな問題はありません。

 

わたしの例を挙げると、EPSONのEH-TW5350という水銀ランプ機種を使っていて、カタログスペックだと寿命は3900時間となっています。

1日3時間週に3回使用するとして、寿命まで8.3年ほどかかる計算になります。

8年も使っていれば買い替え時期と考えても自然です。

 

 

つまり、週2〜3回映画を見るくらいの使い方であれば、水銀ランプという選択肢でも全然アリということです。

一方でテレビの代わりに毎日3時間以上使うような方であれば、少し考えた方がいいかもしれません。

 

田中
田中

水銀ランプでもそこまで問題ない

交換用ランプの値段

妻

もしランプ交換になったらいくらかかるの?

 

 

交換用ランプの値段はメーカーによってさまざまですが、大体1万円〜2.5万円くらいの価格帯です。

ちなみに我が家のEPSON EH-TW5350の交換用ランプはELPLP88という型番ですが、Amazonで売っている純正品で8500円ほどです。

 

ランプ交換を視野に入れている方は、交換用ランプの型番と値段も調べておいたほうが良さそうです。

長寿命でも故障には注意

ここまでランプ寿命の話をしてきましたが、そもそもプロジェクターは寿命以上に故障に気を配る必要があります。

 

高温になる場所ホコリの多い場所は、プロジェクター故障のリスクが高いので避けた方が良いです。

また、湿気が多い場所も好ましくありません。

万が一故障してしまった場合、交換用ランプ以上の修理費用が発生することもあります。

こまめな掃除を心がけるようにしたいですね。

 

  1. 高温になる場所
  2. ホコリっぽい場所
  3. 湿気が多い場所

 

格安機種には注意

長寿命のプロジェクターを探す際、注意してほしいのが最近出回っている格安プロジェクターです。

 

Amazonでプロジェクターを検索すると、聞いたことのないメーカー製でLEDランプ搭載の1万円台の格安機種を多く見かけます。

こうした機種の特徴として、レビュー高評価が異様に多いことです。

EPSONやBenQなどの大手と比べても明らかに多いのですぐにわかります。

 

しかし、低評価を付けているコメントを見てみると、『起動しない』『まともに使えない』といったコメントが多数見られたりします。

推測になってしまうのでこれ以上は書きませんが、こうした機種の購入は慎重にご検討ください。

 

田中
田中

怪しい格安プロジェクターに注意

さいごに

プロジェクターの寿命についてご紹介しました。

わたし自身は水銀ランプ搭載機を使ってますが、あと数年は使えますし、もし寿命が来たらさすがに買い換えようと思っています。

 

寿命20000〜30000時間の機種を使っていても、現実的には多くの人が数千時間で買い替えるでしょうし、寿命はあまり気にせずに好きな機種を選ぶのが良いと思います。

 

ではでは!

 

関連記事ホームシアター向けプロジェクター7選

スポンサーリンク
プロジェクター
スポンサーリンク
アーカイブ
田中ともうします。
タイトルとURLをコピーしました